News & Update

快適な和風インテリアデザインアパートメント、 毎日リラクゼーション!

880 views

快適な和風インテリアデザインアパートメント、毎日リラクゼーション!

pastedGraphic.png

https://homemydesign.com/wp-content/uploads/2013/03/modern-japanese-living-room-interior-design.jpg

 

大都市では土地が狭く、土地の価格が高いため、都市部の人々はアパートに住むことを選択する。 名声は別として、アパートでの生活は、安全性が保証され、柔軟性があり、現代のライフスタイルに従っているため、最近それ自体がトレンドになっている。 住居としてアパートを選ぶ際の主な問題の一つは、アパートの大きさである。それは主にスタジオタイプで、仕切りのない1つの部屋だけで構成されている。

ただし、スタジオのサイズを広く見せるために適切なインテリアを適用できれば、これらすべてのサイズの問題を克服できる。 だから、ここに日本のスタイルで不正行為をすることによって使用できるいくつかのトリックがある。

 

1. ニュートラル&モノクロカラーを記入

pastedGraphic_1.png

https://cdn.home-designing.com/wp-content/uploads/2014/05/2-Zen-living-room.jpeg

 

日本のインテリアはニュートラルで落ち着いた色の代名詞であり、モノクロになる傾向がある。 特に好きな色を白にしている人にとっては、アパートのペイントや壁紙の部分のほとんどをメインカラーにすることができる。

その後、部屋の他の部分の水色に、灰色、練色、ピンクなどの他の色を追加できる。

 

2. オープンスペースと自然光

スタジオアパートメントは窮屈のイメージなので、部屋を広くて明るく見えるように自然光とオープンスペースをもっと広くする。

窓を使用し、適切にフィットする最小限の天井を設置し、窓が人目を引くように見えるように最小限のカーテンを使用するようにしてください。

 

3. 設計時に水平線を増やす

断定的なラインがたっぷりとシンプルでエレガントな印象を残し、しかも日本のデザインのキーはシンプルでエレガントである。

水平線は、部屋全体を見るために目を集中させる。 そして、家の中のエネルギーのバランスをとるように落ち着いた印象を与えることができる。

 

4. 木と竹を使う

pastedGraphic_2.png

https://i.pinimg.com/originals/be/63/bf/be63bf8b38fa1134557eb08013298ae8.jpg

 

日本の文化は自然に近いので、日本のデザインはほとんど木や竹から作られる。 木と竹の要素に見られる自然な風合いは、アパートの部屋に最小限の印象を与えることができる。

たとえば、カーペットをタタミと木製の花瓶に置き換える。

 

5. 引き戸を使用する

アパートに引き戸を利用することで、狭い部屋は通常のモデルのドアよりも広く見えることができる。

また、日本の家はほとんど小さいので、スペースを最大限に活用することが重要である。

 

6. 浴槽を浸す

部屋が整理されたら、バスルームの乾燥に使用するバスルームを少し変更し、後は日本の木製バスを使用してみると良くになる。

オンラインショップで購入するもしくは、直接ストアに買いに行ってもできる。反論のあって小さな形のものを探して、水中で椅子のように座ることができる。

そして、日本の雰囲気は日本の木製の浴槽ので完全に感じられる。

 

7. 保管場所を片付ける

ミニマリストのコンセプトは、日本のデザインの特徴である。 そのため、アパートがミニマリストの印象を与えることができるように、スペースを最適に使用し、保管スペースをきれいに整理する。

様々なアイテムを置き、全て近くに必要なものを置いて、 きちんと最小限に保つことができるように以下のヒントを使用してください:

● 備品にシールを付ける.。

● カテゴリーに応じてアイテムを保存する。

● 立った状態で物を保管すると、多くのスペースがでる。

● 常にハンガー付きのアイテムを保管する。

 

8. 典型的な日本のショートテーブルのちゃぶ台です。

日本のインテリアを補完するものとして、日本のショートテーブルを屋内に固定することができる。 この短いテーブルはいわゆるチャブダイは、4つのパンガンプの脚と木または竹で作られた表面要素で構成されている。

小さくて滑らかな寸法で、テーブルの脚は取り外して取り付けが可能なため、保管スペースに簡単に配置できる。

 

9. フロアマットまたは座布団

座布団なし部屋の中に短いテーブルしかないは不完全である。 普通、座布団には、支え脚のない日本の椅子、ザイスが装備されている。 したがって、フロアマットだけに慣れていないお客様にとっても簡単である。

リビングルームが完成したら靴箱を用意して、室内で靴を脱ぐ。

日本の靴棚はゲタバコと呼ばれている。自然な印象が保たれるように、木でできた靴棚を選んだ方がいいである。

 

10. ベッドルームの配置